エンターテイメント情報

デビューミニアルバムをリリースした「TarO & JirO」さんがご来社!

2013/12/11

デビューミニアルバム『Brothers Fight』をリリースした「TarO & JirO」のお二人が
発売日当日の12/11(水)にプロモーション来社されました!

デビューミニアルバムをリリースした「TarO & JirO」さんがご来社! イメージ

アコースティック・ギターを持った実の兄弟による驚異のROCKデュオ、TarO(兄)とJirO(弟)。
今までのロックシーンには成しえなかったものを世界に提示する孤高のギターロック兄弟として、
2009年春、英国ロンドンに渡った後は、フランス、スイスでも精力的にライブを行い、
2011年にはフランスのバンド・コンペティションで優勝。
これを機に、欧州の様々なフェスに招待され、独創的で血沸き肉踊るギターロックの原型が作られました。
今回のご来社では機材を持ち込んで頂き、そのアグレッシブなサウンドを目の前で披露して頂きましたが、
とても2人だけで演奏しているとは思えない、リズミカルでヘヴィーで奥行きのあるサウンドはまさに唯一無二!必見!必聴!
切れ味鋭い演奏、音圧、グルーヴ、そしてぴったりと息の合った熱いダブル・ヴォーカルで
日本の音楽シーンに新風を巻き起こすこと必至です!

TarOJirO_場面写真

ARTIST  INFORMATION

<BIOGRAPHY>
TarO=深江公太朗(ふかえ・きみたろう/兄)、JirO=深江智二朗(ふかえ・ともじろう/弟)がフォーク・デュオとして音楽をスタート。
途中、バンド形態に変化した時期もあるが、再び2人のデュオに戻る。JirOが高校を卒業後の2009年、ただ音楽を始めるために意を決して2人だけであてもなく渡英。パブのオープンマイクやストリート・ライブで自らの音楽性を鍛え上げる。その後、イギリスでのライブを重ねていくにつれ、メロディアスなフォーク・デュオからリズミカルなロック・デュオに進化。それに伴い徐々にファンの数を増やしていく。そして圧倒的パフォーマンスが評価され、自分達の力だけで様々なフェスから声がかかるようになる。

 

※特に2012年には“guitare-en-scene 2012”に、前年の優勝バンドしてメインアクトで招待され、
STEVE VAI、STEVE MORSE、JOE SATRIANIらと同じステージに立った。
その後、海外での様々な実績と自信を持って帰国。しかし、日本ではほぼ無名状態。
改めて日本でも路上ライブからスタートする。
そんな中、縁あってテイチクエンタテインメントと出会い、メジャー・フィールドでの活動を決意。
日本での成功を目指しTarO&JirO第二章をスタートさせる。

 

・オフィシャルHP⇒ http://www.teichiku.co.jp/artist/tarojiro/

・オフィシャルサイト⇒ http://tarojiro.com/

・facebook⇒ https://www.facebook.com/taroandjiro

 

TarOJirO_ジャケット画像

■デビューミニアルバム
2013年12月11日(水)発売
TarO & JirO /『Brothers Fight』
TECI-1379 ¥1,429+税

<収録曲>
1. Snake Bite
2. Silent Siren ※KBCラジオ「VEROQ」12月度 水曜日エンディングテーマ(2013年)
3. 大人の運動会
4. 挑発
5. Brothers Fight
6. ヒトに真珠
7. 何人来るかな、やって来るかな?          

 

ご来社情報一覧に戻る

▲ Top